トラブル解決は法律事務所

ファミリー

得意分野に違いがある

奈良で相続することになった場合、相続人が何人かいることは珍しいことではありません。遺言書があればそれに従うのが一般的ですが、強制ではないため相続人同士でトラブルに発展する可能性があります。また、そもそも遺言書がない場合に揉める可能性が高いです。相続人同士の話し合いで折り合いが付かない場合は、奈良の弁護士に交渉に入ってもらうことが可能です。それでも駄目なようであれば調停や裁判に進むのが一般的で、その際も弁護士に代理人を任せることができます。奈良の弁護士は法律のエキスパートではあるものの、多岐にわたる分野の案件が全て得意だという弁護士は、ゼロに等しいと言っても大げさな表現ではありません。ですから、ほとんどの法律事務所では、得意分野をアピールして集客を試みています。相続の取り扱いが多い法律事務所では、それをアピールしているところが多いので、選ぶ際の指針となります。奈良の相続で争う可能性がある場合は、高い紛争解決能力を持つ弁護士を探すのが賢明です。また、近年相続センターという名称を付けた団体や事務所が増加傾向にあります。目に飛び込んできやすく選択肢の一つではありますが、公的機関ではないことと、法律事務所が経営していない場合があることには気をつけたいところです。相続トラブルに代理人を立てたいのに司法書士事務所に依頼しても解決は難しいので、その辺りは注意してください。司法書士は、同じ相続でも不動産登記などの手続き代行が主な仕事です。

PICK UP

トラブル解決は法律事務所

ファミリー

相続人同士でトラブルになってしまったら、奈良の弁護士に交渉に入ってもらったり調停や裁判の代理人になってもらったりするのが妥当です。近年相続センターという名を付けた事務所が増えていますが、司法書士事務所のことが多いので、法律事務所を探すようにしてください。

詳しく見る

経営問題は専門家に相談を

介護

フランチャイズは小売店がチェーン展開する際にしばしば用いられる経営手法ですが、契約内容等をめぐって本店と加盟店の間でトラブルが発生することがあります。そんな時は、フランチャイズ問題に詳しい弁護士に相談すると解決の糸口が見つかる可能性があります。

詳しく見る

無料の相談会を利用する

家族

初めて相続に関する相談を弁護士や税理士にするのなら、費用をかけずに相談できた方がいいかもしれません。また、横浜に住んでいる人なら横浜で選びましょう。例えば、無料相談会を開いている弁護士事務所や税理士事務所を利用することをお勧めします。

詳しく見る

役所の許可が必要な業種

困る人

風営許可申請は、スナックやキャバレー、パチンコ店などを開業する際に必要な手続きです。公安委員会に必要書類を提出し、審査を受けなければなりませんが、弁護士や行政書士などのプロに依頼するとスムーズに手続きが進められます。

詳しく見る