役所の許可が必要な業種

困る人

プロに任せ円滑な手続きを

建築や廃棄物処理など、特定の業種にあっては事業を行う際に行政機関の許可が必要なものがあります。その多くは添付書類の整備や実地調査の立会いなど非常に手間のかかる手続きが必要なので、弁護士や行政書士などのプロフェッショナルに依頼するとスムーズに処理することができます。風俗営業の許可申請も、そうした手続きの1つです。風俗営業とは、スナックやバー、キャバレーなどの店舗等を運営することをいいます。いわゆる性風俗産業とは区別されています。具体的には、前記のほかゲームセンター・パチンコ店・マージャン店・ネットカフェなどがあります。これらの事業を営むための許可を得ることを風営許可申請といいますが、風営許可申請を行うに際しては次の3つの要件を満たしていなければならないという特徴があります。1つめは人的要件で、申請者及び管理者が犯罪歴を持っていないことや暴力団関係者でないことなどが求められます。2つめは場所的要件で、住居地域には店舗等を設置できないほか、学校や福祉施設など指定された施設からは所定の距離以上離れていなければならないなどの制限があります。3つめは構造的要件で、これは店内の広さや設備、照明の明るさなどがそれぞれの業態ごとに定められた条件を満たしている必要があります。風営許可申請に関しては、もう1つ特徴があります。それは、上記に掲げるような要件が都道府県ごと、正確には風営許可申請を受理する公安委員会ごとに若干ではありますが違いがあるということです。そのため、手続きの代行を希望する際は実際に店舗等を設置する予定の地域で開業している弁護士事務所や行政書士事務所に依頼するのが得策です。

PICK UP

トラブル解決は法律事務所

ファミリー

相続人同士でトラブルになってしまったら、奈良の弁護士に交渉に入ってもらったり調停や裁判の代理人になってもらったりするのが妥当です。近年相続センターという名を付けた事務所が増えていますが、司法書士事務所のことが多いので、法律事務所を探すようにしてください。

詳しく見る

経営問題は専門家に相談を

介護

フランチャイズは小売店がチェーン展開する際にしばしば用いられる経営手法ですが、契約内容等をめぐって本店と加盟店の間でトラブルが発生することがあります。そんな時は、フランチャイズ問題に詳しい弁護士に相談すると解決の糸口が見つかる可能性があります。

詳しく見る

無料の相談会を利用する

家族

初めて相続に関する相談を弁護士や税理士にするのなら、費用をかけずに相談できた方がいいかもしれません。また、横浜に住んでいる人なら横浜で選びましょう。例えば、無料相談会を開いている弁護士事務所や税理士事務所を利用することをお勧めします。

詳しく見る

役所の許可が必要な業種

困る人

風営許可申請は、スナックやキャバレー、パチンコ店などを開業する際に必要な手続きです。公安委員会に必要書類を提出し、審査を受けなければなりませんが、弁護士や行政書士などのプロに依頼するとスムーズに手続きが進められます。

詳しく見る