経営問題は専門家に相談を

介護

加盟店方式の紛争を解決

近年、各地の弁護士事務所にはフランチャイズに関する相談が数多く寄せられています。こうした事態を受け、弁護士事務所の中にはフランチャイズ問題を扱う専門の窓口を設置するところも出てきています。フランチャイズは、コンビニやドラッグストア、クリーニング店などの小売チェーンの経営方式としておなじみです。本部と加盟店とが契約を取り交わし、統一した商号のもとに営業を行います。加盟店は本部にロイヤルティを支払う見返りに、経営に関するさまざまなノウハウの提供を受けることができます。フランチャイズに関してしばしば問題となるのが、本部と加盟店との関係です。加盟店側からは高額のロイヤルティに見合った十分な指導が受けられない、契約を解除しようとしたら違約金を請求されたなどの声が、本部側からは加盟店が指導に従わない、従業員がトラブルを起こしたなどの声がそれぞれ聞かれます。このような場合、当事者のみの話し合いでは解決が困難なケースがあります。そんな時は、フランチャイズ問題に詳しい弁護士の力を借りることで、スムーズな解決を目指すのが得策です。弁護士に相談するに際しては、1つ気をつけるべきことがあります。それは、複数の案件を抱えている弁護士の場合、バッティングが発生する可能性があるということです。つまり、たとえば加盟店側が相談しようとしたら実は本部側の顧問弁護士だったり、地元の競合店に係る案件を担当していたりすることがあるわけです。弁護士は依頼者の利益に反する業務は引き受けられないため、その場合はすみやかに他の弁護士を探すようにします。

PICK UP

トラブル解決は法律事務所

ファミリー

相続人同士でトラブルになってしまったら、奈良の弁護士に交渉に入ってもらったり調停や裁判の代理人になってもらったりするのが妥当です。近年相続センターという名を付けた事務所が増えていますが、司法書士事務所のことが多いので、法律事務所を探すようにしてください。

詳しく見る

経営問題は専門家に相談を

介護

フランチャイズは小売店がチェーン展開する際にしばしば用いられる経営手法ですが、契約内容等をめぐって本店と加盟店の間でトラブルが発生することがあります。そんな時は、フランチャイズ問題に詳しい弁護士に相談すると解決の糸口が見つかる可能性があります。

詳しく見る

無料の相談会を利用する

家族

初めて相続に関する相談を弁護士や税理士にするのなら、費用をかけずに相談できた方がいいかもしれません。また、横浜に住んでいる人なら横浜で選びましょう。例えば、無料相談会を開いている弁護士事務所や税理士事務所を利用することをお勧めします。

詳しく見る

役所の許可が必要な業種

困る人

風営許可申請は、スナックやキャバレー、パチンコ店などを開業する際に必要な手続きです。公安委員会に必要書類を提出し、審査を受けなければなりませんが、弁護士や行政書士などのプロに依頼するとスムーズに手続きが進められます。

詳しく見る